VOL.31 オーリンズへの道

純正モンローショックのヘタリが顕著に表れ始め、そろそろショックの交換時期かぁ~という気分になっていたところで、クスコのデモカーが襲来したワケですが・・・

まぁ、ちょっと足回りのコンバージョン資金の積み立ては始めていました。あれだけ乗り心地が良いなら、ZERO1でいいだろう、と。特に減衰力を変えなければならない必要性も、デモカーに乗ったときは感じられなかったワケで。(わざとバンピーな所を走らせてみましたしね)

そんなこんだしているウチに、道スイのノリさんからオーリンズの車高調を譲って頂ける事になり、久しぶりに車高調をつっこむ楽しみとセッティングする楽しみを得ることが出来ました。

オーバーホールから帰ってきた、ZC31S専用オーリンズDFV

オーリンズを譲って頂いてからOH、部品集めと色々経て、遂に装着となったわけです。今回は、そんなオーリンズへの道、です。

アッパーマウントのチョイス

OHから帰ってきたので、組み立て中

純正に戻すことを考えると、用意しておかなければならないのはアッパーマウント。スイフト系やヴィッツ系は、純正のアッパーマウントをそのまま使用するという仕様な為、完全にアッセンブリー化するのであれば、どうせならアッパーマウントを新調するのが良いですよ。

そこで、スズキスポーツから出ているという強化アッパーマウントを取り寄せてオーリンズに組み付けることとしました。

スズキスポーツ製ということですが、前々から見かけていたのがラ・アンスポーツのショッピングサイト。通販で簡単に手に入ります。オススメ。

直巻スプリングのチョイス

オーリンズを譲って頂いた時点で取り付けられていたフロントの直バネは、10kとハード。ちょっと私の普段の車の使い方では厳しいです。営業車だし(ぉ

そこで、5kか6kのスプリングを、取り付け直前までずーーーっとオークションでチェックしていました。

GABの6kの直バネは既に手に入れていたんですが、取り付け1ケ月前にはアイバッハの5kの直バネが出品されてきましたので、落札。

まずはオーリンズの基本キットと同様の仕様で組む事は出来そうです。

スラストシート

何かというと、スプリングシートとスプリングの間に挟み込み、バネのスベリを良くする物。

スプリングシートにスラストシートをつけたところ
スラストシート(2分割)

バネはまっすぐ伸び縮みしません。ねじれて伸び縮みします。捻れるときに、スプリングシートとの間に抵抗があると、バネが生きた仕事をしないんです。

ベアリング式の物もあるのですが、オーリンズのスプリングシートのサイズ等調べた結果、ベアリングはスプリングがずれそうなので却下。

高価なパーツではないので、車高調をバラしたときにでも組み込んでみては??

ちなみに、スプリングシートが堅くて動かなくなったとか、はたまた緩むとか・・・スプリングが捻れて動くときの音がしたりとか(ガイーン!とかいいます)、そういった現象も防止することが出来ますよ。

私がチョイスしたのは、SWIFT製のスラストシート。

スイフトスポーツにオーリンズDFVを組み込む

実際の組み込みは、いつもお世話になっているショップでお願いしました。ちょっと弱った自分にはムリポでしょう~って事で(笑

とりあえず作業の見学もありましたが・・・実は、フロントをバラしたら、先にリアの組み付けをやって貰おうと。理由は・・・かなり前に購入はしたけど、純正ショックが付いている状態では取り付けられなかった、クスコのフロントタワーバーを取り付けてしまいたかったのですよ。

クスコのタワーバーを組み込んだところ

まぁ、ショックが付いていない状態だと、アホみたく簡単なワケで。

このブラケットを取り付けるのが難儀なんですよね(^^;

純正ショックを取り付けていた状態で、なんであんなに頑張らないといけなかったのかと・・・酷い記憶が蘇ってきます。

リアのスプリングとショックをはずしています・・・

まぁ、リアの組み付けをして貰ってる間にやっておく事は他にもありました。リアは放置で良いと思ったのですが、フロントのマッドフラップは非常に危険でしょうw

当サイトにUPされているマッドフラップの長さを2cm切りつめた状態にして取り付けし直しました。フロントのみ、夏冬別々のマッドフラップになるわけですね。

オーリンズDFVキット付属のリアスプリングを挟んでみたところ

そんなこんだしているウチに、リアの組み付けはとりあえず完了。フロントの組み立てに入ります。

フロントショックを組み付けた状態

正直、旧スポより簡単にはなってます。単に締めるナットの数減ってますから(笑

元気になれば作業可能って感じです。仕様変更でスプリングを交換するときは、自分でやりますかね~

リアに関してですが・・・まぁ、結局車高調節機構がないため、単にダウンサスって感じです。バネレートを変えたりしたい場合は、単にリアのダウンサスを入れ替えの方が、アジャスターを買ったりするよりは全然安いでしょう。もっと車高を落としたいという場合はその限りではありません。私にとっては3cmダウンでも落ちすぎです(^^;

リアのショックとスプリング。

取付が終わり、下ろしてみると・・・うーん、なかなか低い(汗

とりあえず、オーリンズの説明書にある標準のセット位置より車高を10mm上げて様子を見ることに。この状態でアライメント取り。

アライメントをとる

トドメにアライメントを取ってあげます。

アライメント計測中・・・後にフロントのみ適正なアライメントに変更します。

足交換時は最も重要な作業になりますわな。アライメントをキチンと取らないと、まっすぐ走らない、轍にやたらとハンドルを取られる等、めんどっちーです。まぁ、タイヤもガッツリ片減りして終わりです。取り付けた足の性能も発揮せず、もったいない。

セッティングについて

正直、この組み込み時にフロントの車高を+10mmしたのは間違いでした。1週間減水力を調整したりして粘りましたが、フロントショックのツッパリ感があり(まぁ、それでも以前使っていた車高調より全然すばらしいんですが)、セッティングを出せないでした。

どうやら、その10mmプリロードかけただけで、伸びストロークが不足してしまうようですね。オーリンズ推奨の「車高-30mm」というツルシはドンピシャでした。-30mm以上下げるのもちょっとねー(^^;;;;

そんなわけで、取り付けた時の車高にビビらずに、マズはオーリンズつるし状態で望みましょう(笑

そして・・・あとからまた特集しますが、この車高調節セッティング中に、TEINのデモカーが来ているんです。クスコのデモカー同様インプレしますので、お楽しみに。

通販なら以外と安く買えるオーリンズDFV

スイフトスポーツ(ZC31S)専用オーリンズDFVは、以下のリストがお安いかと思います。取り付けしてくれるお店があるのであれば、通販を利用してみてください。