VOL.16 モンスター形状GTウィング(FRP)

モンスターのカーボンGTウィングは、スイフトスポーツを買ったときからずーーーーっと欲しかったのだが・・・高いから半ば諦めていたが、スイフトのパーツサイト「Corsair_560's」でFRP版のGTウィングを発見してから、事態は急変した(ぉ

このFRP版であれば購入可能な上、あまり見ない黄色い羽を装備、である。ラ・アンのウィングも考えていたが、やっぱり穴開け加工はちょっと抵抗が・・・

なお、このFRP版、カーボン版とどう違うのかは解りませんが、取り付け時の強度を上げる必要性をカンジでちょっと細工してあります。

ボルト穴の加工

写真でボルト穴を見てみると、穴の中はちょっと水色に。

ボルト穴の強化

コレは、このボルト締め位置は内部が空洞であったため、内部にエポキシパテを埋め込んでいます。ボルトを締めこんでも、割れや取り付け強度不足が発生しないような工夫です。

んでわ、純正ウィングの撤去

ウワサでは両面テープがめっちゃ強力なんだとか。まぁ、力技でひっぺがせってことですな。・・・の前に、当然ボルトを抜きます。

ボルトのメクラ。

まず、上のボルトを撤去します。メクラを内装剥がしとマイナスドライバーでパコっと取り外します。中のボルトは簡単に取れます。

裏側のボルト位置

次に、ハッチ内部のボルトを撤去します。コレをとったら、羽は取れます!・・・・・剛力で(爆

やー、これは下から体重を掛けて持ち上げてやりましょう。メリメリメリっと・・・でも、吹っ飛ばしちゃダメですよ(ぉ

両面テープを根性ではがします。

純正ウィングが取れたら・・・・・両面テープ剥がしが待っています(涙

正直、GTウィングの取付は15分ですが・・・・この両面テープ剥がしのほうが遙かにかかりました・・・はぁぁぁ、グッタリ。まぁ、トドメはプチル剥がしのようにブレーキクリーン攻撃(ぉ

でわ、取り付けですね

いよいよGTウィングを取り付けますが・・・ハッチへの取り付け部は強力な両面テープを付けないとアカンと思います。かつ、ボルト穴に水が進入しないように工夫します。

ボルト穴に水が進入しないように工夫しましょう

なお、写真では上のみ両面テープを貼り付けていますが、後部に当たる部分も両面テープは貼ってから取り付けています。

取り付け後・・・

実際取り付け完了の図。やっぱり全然違うリアビューですね!JWRCカーっぽさが一気にUPです!

横から見てみると・・・

横から見てみると・・・凄くダウンフォースを発生しそうですね(^^;まだ取り付けてから乗っていないのですが・・・このWEBを書いている時点でわ。まぁ、1日おいておこう、と。

リアビュー

このGTウィングの下側、なにか大きめなステッカー貼り付けたいですねぇ・・・RALLYJAPAN!とか(^^

コレを付けてイキナリOFF会です(笑 ・・・・洗車してこ・・・