VOL.8 シフトインジケータ取付

HT81S型のスイフトスポーツに乗っているとき、存在を知った瞬間に発注していたという、このシフトインジケータは、ZC31Sには正式には対応してないようです。しかし、これナシは今のところ考えられず(爆

Z#11/21型のスイフトには対応してるようなので、まぁつくだろうなぁ、ということで取り付けに踏み切った。

そして取り付けに際しては、なるべく簡単に信号を取得出来ること、純正のハーネスを出来るだけ痛めないこと、これらを条件にしてみた。

調べてみると、オーディオ取り付け部にはカーナビゲーション用の信号取り出しコネクタが来ていることを知った。下の写真のコネクタがそうである。

車体側のコネクタ

このコネクタから、車速信号、サイドブレーキ信号(現在、リモートエンジンスタータにて使用している)、バック信号が取り出せる。しかも下の写真のハーネスを用いると、全然配線を痛め無いどころか、その信号なのか一目瞭然なのである。

ナビ用の信号取り出しハーネス

よって、信号はここから取得!しかし、問題点も1つある。シフトインジケータには回転信号線も必要なのである。そこで、回転信号のみ、下の写真の位置から取得することとした。

回転信号だけはココから・・・・

何かのコントローラらしいが、実はこのコネクタから車速信号もとることが出来る。どうやら、シフトインジケータの説明書的には、ここから取るように、という指示だ。この辺の信号の取り出しと、ナビ用のコネクタの信号については、別にまとめたページを用意することにする。

私のスイフトスポーツの場合は、電源は既にヒューズBOXから供給できるようになっているため、電源については苦労することはない。

という下準備の上、ぱっぱと配線してしまう。

実はサイドブレーキの信号も取れていたりして・・・

配線が完了したら、シフトインジケータがエラーを感知していないか、通電テストを行ってから内装を元に戻す。

無事取り付け完了。しかし・・・!

取り付け完了!

しかしながら、シフトインジケータはここから学習を行ってから、やっと使用可能なのである。そしてこの学習から、とある問題に直面するのだった。

実際にこのシフトインジケータをDIYで取り付けているユーザーさんとの情報交換は今のところないのだが、どうもシフトダウン時の、3->2速のときだけ問題が発生しているようで、色々パラメータを変更して再学習しても、どうも旨く行かない。

3->2速にシフトダウンしたときだけ、たまーに2速にはいっているにもかかわらず、3速表示の時があるのだ。アクセルを煽ると2速に入るのだが。

他のパルス設定ではますますシフトダウンはおかしくなるし、そもそもシフトアップもおかしくなる場合もあるので、やっぱりHT81Sの時と同じパラメータ設定で再学習した。

最近、だんだん3->2速のシフトダウン時の問題が見かけられないようになってきた。タブン自分が気にしなくなってきてるだけだと思うんだけど、他のユーザーさんはどうなのかなぁ・・・・なにか学習時のパラメータ変更で対処されていたり、または他の方法で回避されていらっしゃる方がいましたら、是非情報交換を!m(_ _)m