タワーバーでボディ補強

足回りのチューニングを施していくと、コーナーリングでだんだんシャシがついてこなくなったり、リアがバンピーになったりします。
特にリアは神経質で、少々固めのダウンサスを入れただけでも、ぴょんぴょん跳ねるようになってしまいます。
ハンドリングやボディヨレ対策だけでなく、投入した車高調のショックの動きを正確にするためにも、ボディ補強は行った方がよいでしょう。

Loading...

まずはリアタワーバー?

フロントの剛性に関してはなかなか高いので、リアのタワーバーを先に取り付けたほうが良いかもしれません。
リアのタワーバーを取り付けることによって、リアが跳ねる挙動も抑えられてきます。(ロアアームバーとの併用が望ましいですが)
フロントですが、取り付けはかなり面倒です。
クスコのフロントタワーバーの取り付けを行いましたが、はっきり言って純正形状の場合はフェンダー内からのボルト入れが困難です。
足の交換時に一緒に取り付けるのが良いです。ショックがついていない状態のほうがしっかり取り付け出来ます。

ロアアームバーと併用が望ましい

前途しましたが、リアは特に感じたのですが・・・ロアアームバーとの併用が望ましいです。
ハイグリップタイヤですと顕著に出るのですが、ワンテンポ遅れてリアがついてくる感が強いです。
また、リアのロワアームバーとタワーバーを同時に付ける事によって、最もリアのバンピーさが抑えられたと思います。
これはノーマルのスプリングでも同じように感じました(むやみにふわふわもしなくなった)。
フロントのロアアームについては取り付けていません。車高調で走っているときも、特に苦しくなる場面を感じませんでした。
ハンドリングは更に良くなるでしょうが、フロントのロアアームを取り付けた人のレビューを見ていると、「そんなにハンドリングに影響がなく突き上げが増えた」といった印象を受けました。
フロントのタイヤを更にハイグリップにした場合、剛性不足を感じるのかもしれません。そういった場合は取り付けてみようと思います。