車高調を導入する

ダウンサスと違い、車高調にすると自由自在に車高を調整できるようになります。
その代わり、バネの構造が純正とは変化し、初めてだとその乗り心地の変化に驚くこともあるかもしれません。
それは、乗り心地が悪くなる場合もありますし、良くなることもあります。

あと、一つ抑えておいて欲しいのは、悪路に弱い商品が多い点。(オーリンズはダートで攻めてみましたが、乗り心地が良かったです)
舗装がボロボロデコボコの路面に乗った途端、凄い突き上げの嵐に見舞われたり・・・まぁ、ショック自体も減衰が遅めであるのも起因していますが、なによりバネレートが高くなること。
そして、ショックのストロークが短くなる点が原因として上げられます。

特にスイフトやスイフトスポーツの場合、リアの加重が通常のコンパクトハッチより軽く、しかし車高調キットではリアのバネレートが高め。
TMスクエアの田中氏がおっしゃるように、リアのバネレートを下げて上げることによってフロントのセッティングも出るようになります。

しかし、車高調には利点も数多くあるのです。
まず、フルタップ(全長を調整できる機構)タイプの車高調にした場合、ショックのストロークも変更できるようになるため、乗り心地を良くするセッティングも出来るようになるのです。
また、バネが純正タイプの荒巻バネから、直バネになることで、様々な直バネをセッティングに用いることも出来るようになるのです。
個人的なオススメとしては、街乗りメインであればクスコのフルタップであるZERO1~ZERO2、サーキットではフルタップではありませんがオーリンズ辺りが良いでしょう。
街乗りではフルタップが威力を発揮します。減衰調整より全長調整だと思います。(20mm以上車高を下げる場合は特に)
そして、サーキットを走るなら勿論車高調と言えます。左右のコーナーの数によって、左右の車高バランスもセッティングできます。

Loading...

オススメはクスコかテインの車高調

クスコの車高調とテインの車高調を乗り比べ、路面からのマンホールの突き上げ等、ワザと上を走ってみてみたりしました。
自分の体で感じるのは、どちらも勿論安定はしているのですが、クスコがマイルドでテインはダイレクトといった印象でした。
減衰力を変更してみてテインもマイルド方向に振れました。正直、テインにするならEDFC必須でしょう。
クスコのZERO3系はマトモに乗ってみたことがないのでちょっと分からないですが、ZERO3Xは高いだけあって純正のようなセッティングまで可能なのだそうです。

クスコの車高調、ZERO2の感想についてはこちら。



テインの車高調、FLEXの感想についてはこちら。

その他のスイフトスポーツ用車高調

その他にもスイフトスポーツ用の車高調は色々発売されています。
テインの様に車内から減衰力の変更が可能なトラストや、車高を余り下げないセッティングのビルシュタイン、車高は下がりサーキットで粘りを発揮するオーリンズ。
聞きかじりでは、トラストは町中ではハードな感じだということです。管理人の体験談としては、オーリンズも結構ハードでした(^^; フラットな路面では勿論凄いのですが。山ではドコまでもアクセルを踏んでいける感じでした。
乗ってみたいのはビルシュタイン。バネレートも低めで車高の-15mm程ということ。フルタップではありませんが、ダウン量が少ないのでプリロード式の弱点をどれ程緩和できているか知りたいです。