エアクリーナーで吸気効率アップ

スイフトスポーツやスイフトに限らず、車好きであれば少なからず興味があるチューニングの一つが、エアクリーナー交換。
このエアクリーナー交換も、最近の車はなかなか気むずかしい面もあり、交換しにくいパーツとなってきましたが・・・
キノコタイプに交換すると、エンジンチェックランプが点灯し、ECUから異常と診断されてしまうケースもあります。

スイフトスポーツやスイフトについては、現状とくにエンジンチェックランプが点灯するようなトラブル報告は無い(接続ミス以外は)ため、基本的には好きなエアクリに交換できます。

キノコ「むき出し」タイプのエアクリーナー

通称「毒キノコ」とも呼ばれる、むき出しタイプのエアクリーナー。 交換は比較的簡単名物から、トラストのBタイプという結構難しいタイプまで色々あります。 まず、欠点からですが・・・ むき出しタイプになるため、ダストによる影響が多いです。また、スイフトの場合はエキマニが近いため、正直かなりの高温の空気を吸い込んでしまうので、正直単純にキノコタイプに交換したからといって性能アップとは言い難いです。 また、「多くの空気を吸う」という観点から、エンジンの回転が低い時の空燃比の関係上、低速トルクは失いがちです。 加えて、キノコタイプはフィルターが高額なタイプも多く、良く選ばないと痛い目に遭います。 そして良い点ですが、やはりキノコタイプは、より多くの空気を吸い込むことが出来るために、高回転域でエンジンを楽しむ場合、とてもレスポンス良く楽しい車になります。 吸気音もすさまじく、やる気をアップさせる要因になるといっても過言ではありません。 しっかり遮熱し、リフレッシュエアを取り込んであげた場合、キノコタイプはカナリパワーが上がった錯覚に捕らわれるほどでしょう(実際は馬力換算するとそうでもないんですが) この欠点と利点のポイントを良く抑えて私なりにチョイスすると・・・


・TOP FUEL ZERO 1000 POWER CHANBER
トップフューエルの零1000パワーチャンバーは、中回転域からの加速の伸びはかなり良かったです。低回転も、キチンと遮熱されていれば結構良いのではないかと。吸気温度が低いうちは、低回転もトルク感をそんなに失っていなかったので、チューニングメニューとしては必ずリフレッシュエアーをエアクリに与える方向性で。
尚、交換フィルターは少々値が張ります。

・HKS レーシングサクションリ ローテッド
HKSのレーシングサクションは、別売りのパーツとして遮熱効果があるカーボンエアダクトが設定されていることと、エアフィルターが高額ではないという点からチョイスしてみました。
本当のカーボンパーツというのは、本当は遮熱効果が高いのです。本気で遮熱するにはカーボン・・・加工が大変ですし高価ですので、私はアルミ板で遮熱しています(笑

・TRUST エアインクス タイプB
吸気音が一番すさまじく、吸気温度がとても低く、取付が一番大変なエアクリーナーキット。
バッテリーの搭載位置を奥に変更する作業が最も難儀で、この作業さえ終われば、重量バランスを改善しつつ低い吸気温度のエアーをガンガン吸い込む優れたタイプ。
低回転に関してはそれほど落ち込んだ感はありませんが、テスト車両はノーマルマフラーでしたのでその影響もあったかもしれません。同じく中回転からのパワー感も、正直マフラーを交換した零1000パワーチャンバーを装着した車両より落ちた感じです。
吸気パイプが長い為、そのパイプを遮熱することによってある程度低い温度で吸気する事が可能になります。
DIYが得意であれば、一番オススメしたいエアクリーナーです。

純正交換タイプのエアクリーナー

通常、この純正交換タイプのエアクリーナーにしておくと、町中の運転はとても楽になると思います。
急激な吸気の段付きも無く、その替わり高回転までの伸びもイマイチですが、町中で飛ばさないなら十分なのです。
大幅な改造も必要なく、単純にフィルターを交換するだけという簡単さも見逃せないのです。
個人的な感想では、TRUSTの純正交換タイプがレルポンス自体は良くなったという印象でした。モンスターも試しましたが、正直逆にレスポンスが悪くなるような感じで・・・と言うのも、湿式タイプのエアクリーナーだと、エアフロに付着する油分が宜しくないんです。
洗浄後はパワー感が戻りました。