イオック(EOC)でオイル交換

オイルパンのドレインからではなく、オイルレベルゲージからのオイル抜き取りが可能なイオック(EOC)。管理人のスイフトスポーツは、このイオックでオイル交換しています。

結構小さいイオック

イオック本体は以外と小さいんです。保管場所も全然とりません。また、オイル交換時に汚れなくて便利です。更に言うなら、ドレインからは抜けきらないオイルも吸い上げてくれますので、オイルパンに汚れたオイルが多々残ることも無いのです。ただし、車種によっては残ることをご了承下さいませ。

ソレでは、オイル抜き取り準備です。

排出口が一番大事です。

マズ、上の写真のオイル吐き出し口のパイプをセットします。クリップをオクまで押し込まないと排出中にパイプが飛んで悲劇が待っています。

ゲージ付の缶などに抜き取ったオイルを一度溜めましょう

抜き取ったオイルがどのぐらいの量か把握するため、ゲージが付いた物や、内容量がはっきりした容器に抜き取ります。管理人はまず2リッター抜き取り、廃油パックに移した後もう一度残りを抜き取って、正常な量を吸い上げたかチェックします。

オイルレベルゲージに管を挿入していきます

次に、オイルレベルゲージに吸い取りチューブを挿入していきます。これはイオックの説明書にもありますが、レベルゲージと長さを比べてクリップを調整してから挿入してください。

なお、きちんと奥まではいってから、イオックの吸入管に差し込みましょう。

吸い上げ開始!

それでは、バッテリーに電源を繋いでスイッチON!ドンドンオイルが吸い上げられていき、排出口に流されていきます。

受け側。排出量のチェックも大事です。

オイルがドバドバと排出されていきます(笑

2リッターまで達したら、イオックの電気を切って一度廃油パックに移します。

残りはZC31Sスイフトスポーツの場合、1.6~1.7リッター出てきます。

オイルフィルターを交換する場合、オイルが完全に吸い上げられたら取り外しましょう。

オイルフィルター内や付近にはまだオイルが残っているので、下に廃油パックを置いてオイルを受けましょう。

オイルチェンジャー「イオック(EOC)」は、「自分でオイル交換DIY」でお求め頂けます。