スイフトスポーツ情報サイト

スイフトスポーツマガジン31mobile

◆20.カーボンボンネット装備◆
ハズした純正ボンネットを保管する場所がなく、カーボンボンネットは諦めが入っていましたが、最近プチガレージライフのStartと共に色々と幅が出来まして・・・保管場所も大型物置内に確保出来ていたのです。
DEFIのメーターと備品を買いそろえていた矢先にポチッと購入してしまったカーボンボンネット(笑
納期が掛かるということでしたので安心していましたが・・・風邪でヤラレている時に納品されてきました(滝汗
ボンネットの交換は実は難しくも何ともないんです。2人いれば簡単に交換できます。
今回のこのカーボンボンネットはモンスターのカーボンボンネットよりチリが合う(恐るべしフィッティング)ので、純正ボンネットの時よりいいほどです。純正ボンネットも、チリ合ってなかったですからねぇ(^^;
ちなみに、コストを抑えたタイプですので、見た目はカーボンには見えません。表面は恐ろしく黒光りしてます。
更に言うと、凄く強度が高いです。現状ボンネットピン無しでも良さそうですが、キチンとボンネットピンを付けてあげることによって破損を防ぎ、安全性も高めましょう。
今回はボンネット交換より、ボンネットピンの取付に比重を置いてみました。皆さん、ボンネット交換時に1番ムズかしそう!って思うでしょ?
難しいような簡単のような・・・パーツのセレクトに問題アリかもしれません。

ボンネットピンを付ける(重要

ボンネットピンの取付は一般的な方法で行きます。

純正ボンネットを止めて支えていたゴム足を撤去し、そこに取り付けます。ちなみに、ちまたでは助手席側のみ加工しました、という話をみますが、運転席側も加工を要します。

リーマーで拡大していき、ちょうど良いところで辞めます。拡大しすぎないように。

リーマーで拡大するとバリも出ますので、リューターで綺麗に削って取り除きます。綺麗になったところで、タッチペンで防錆しましょう。
ボンネットのバルジに網を付ける作業等しつつ、乾くまで暫し待ちます。

ボンネットへの穴空けは内側(下から)行います。穴空けポイントを調べますので、ビニールテープを上に張り、タッチペンを中心に塗っておきます。乾かない打ちにボンネットをこの上におろしてポイントを取ります。

では、ボンネットの内側から、穴空け加工を行います。まず、小さい穴を空けて、少しずつ大きい穴にしていきます。なお、この穴空けはフレームのみに行います。イキナリボンネット表面まで穴を空けるなんて愚考はしないように。
リューターで穴を拡げ、ボンピンがフレームを通過するようになったら、先ほどと同じく穴空け位置を調べます。その後、いよいよボンネット表面への穴空けを行いましょう。勿論内側からですよ。慎重に。

裏側からのボンネット穴空けができたら、今度は上から穴を加工しますので、周りをキズつけないようにマスキングです。
マスキングテープは、塗装の時に使うと思われがちですが、この様に作業中にキズが付かないようにするのにも有効です。フロントバンパーの脱着時にフェンダーを傷つけることも良くあるので、フェンダー防御にも応用してみて下さい。

。。。見えます?下に穴を拡げると通りそうですね(笑
ではリューターで綺麗に穴を加工しつつ下に長い穴にしてみます。

ボンネットの加工はさほど難しくなかったのですが・・・なんとボンピン本体の穴が小さく、正直スイフトのボンネットに使用は厳しいようです。幸いアルミのボンピンにしましたので、リューターで地味に削って取り付けることにします・・・orz

ボンピンを正確に左右真っ直ぐ付けるため、写真のようにマスキングテープで位置決めマークします。ちなみに、ドリルで穴空け加工する場合、同じくマスキングテープで穴空け位置をマスキングしておくと、ドリルで周りをキズ付けませんし、正確な位置に穴あけが出来ます。マスキングしてからですと、ペンでマークつけてもハッキリ見えますしね。しかし、GTウィング等大物を付ける場合は、ボルト穴も大きくなるので布のガムテープのほうがオススメです。

見事リベット止めで取付完了!と言いたいところですが、ボンピン本体の穴が小さかったため、今度はボンピン穴をリューターで加工・・・アルミですのでカーボンより時間は掛かりますが、接触無く開け閉めするためには必要不可欠。この作業が一番時間掛かった気がします(^^;

完成です。ゴールドのボンピンは正直かなりお気に入りですw
今まで赤や青は使ったこと合ったんですが・・・しかもダミーですが何か?(爆
とりあえずフロントのみにボンピンというのもアレなので、ハッチにはダミーでも貼り付けておきますかね。金色のダミーを見つけてこないとね・・・
あと、ボンピンがバルジより手前位置なので、ボンピン間になにか目立ちすぎないステッカーが欲しいところですね〜


以下スポンサーサイト