ekワゴンのカップホルダー

スイフトスポーツのセンターコンソールのカップホルダー、正直シフトノブがジャマで使いにくい。AT車だと無問題なのだろうか?加えて、カップホルダーは増設しにくいときた(^^;

センターブロワは残念ながらつぶしてしまっているし。それに、エアコン吹き出し口のカップホルダーはガタが多くてキライなんです。

そこで目を付けたのは、ekワゴンのカップホルダー。こんなに使いやすくて頑丈に取り付け可能な一品は滅多にないでしょう!

取り付けた状態のご紹介

取付はいたって簡単なのです。もうイキナリですが、取り付け状態をUP。

助手席側

以外とガッチリ取り付けになりますので、画像の缶だけでなく、500mlのペットボトルも余裕です。また、缶やペットボトルのサイズに応じて可変可能。

運転席側

運転席側も、ジャマにならずスイフトの純正のように馴染んでいます(笑

運転席側・折りたたんだところ

折りたたむと、当然もっとジャマにならない形状になります。そして、ココまでは簡単ですが、運転席側のみちょっとした細工が可能なのです。

運転席側のみ、照明がついているのです

前途しましたが、運転席側のみ、照明を内蔵させました。LED1個ですが・・・・

運転席側・たたんだ状態で照明ON

元々ekワゴンのオプションでも、ここの照明が追加出来るようになっているので、ちょっとELDぶち込むだけです(笑

ペットボトルであれば、夜になると丸ごとオレンジっぽくなるでしょう。

運転席側・開いた状態で照明ON

これ、カップホルダー自体半透明で出来ているので、少ない照明でうざったい明るさにならず存在感を出せます。

しかし、なぜ運転席側のみっていうと、これパワーウィンドウのユニットから電源を拝借したのですが、助手席側にはイグニッション電源が来ていなかったのです。

助手席側は運転しているわけじゃないので、まぁいいかな。