オーディオのボリュームノブ改造

皆さん、自分のオーディオを使用していて気になっている人もいるのではないか、と思いますが・・・オーディオのボリュームが使いにくい!

メーカーによっては滑り止めがついていたりして対策は取られているようですが、オーディオのダイヤルが低すぎるんです。

その上、私は寒冷地。冬は手袋をして運転する事もしばしば。正直、手袋はいたらもう操作不能です。

そこで、オーディオのパネルが取り外し可能であることもあいまって、ボリュームのダイヤルを改造することにしました。

ボリュームスイッチの延長になりますが、ただ延長してもカッコワルイので、ダイヤルに工夫を凝らしてみました。

ボリュームスイッチにポリパテを盛りつけ、削る。

大体この形状でポリパテを盛ったら、一気にリューターで削ってしまいました。

荒削りでしたので、ペーパーで表面をならし、さらにプラモデル用のタミヤパテで穴埋めです。

ボリュームスイッチにポリパテを盛りつけ。アップ。

穴埋め段階では荒削りですが、塗装前には角を少し落としてなめらかにします。

表面処理が終わったら、・・・今回はスプレーじゃなくて筆塗りしました。

ボリュームスイッチ加工、完了

セミグロスブラックで塗装。

元々のボリュームノブとの段差や合わせ目が気になるので、薄手のフェルト系テープを巻いてごまかして完成。

軽く滑り止めにもなりますしねぇ。

うまい具合に、Oリングとかを幾つも巻くのも手です。そっちのほうがカッコイイかも。

これで、運転中のボリューム調整は楽な上、微調整も可能でしょう!

皆さんも運転の妨げにならないように、この安全オーディオボリューム(爆)に改造してみては!?

ステアリモコンがある人はイラナイですけどねー(涙